残留農薬検査に関する研修会

午後から岡山市中央卸売市場管理棟に出掛けました
市場での残留農薬検査について
岡山市保険所の市場の出張所の業務のお話を聞きました

過去5年間の残留農薬違反事例の中には
農家さんの不適切な使用が原因のものがあった様子だけど
ドリフトが原因の事例もあり
農薬散布をされる時には注意が大切との説明だった

実際に検査をしている機械等を見せてもらった
b0115346_141971.jpg


一番奥は主に放射線を検査するとか

真ん中は普通に検査する機械
最近はリン系が多いんだとか
b0115346_171562.jpg


一番手前の機械は
異常な検出物に関して再度検査する機械だとか
分子を壊しイオンにします
b0115346_193347.jpg

コンピュータと連動し波形を調べるそうです
b0115346_1104092.jpg


残留農薬の手順の説明もありました
検査だけでも4~5日
結果が出るには10日~2週間かかるそうです
b0115346_1113521.jpg

①検体処理→野菜は1kg以上を切る
         キャベツは4玉を各1/4ずつを1玉とし切る
       →20gだけ検体検査に使う
②抽出→有機溶剤内へ
③ろ過
④濃縮
⑤塩析
⑥濃縮
⑦精製
⑧濃縮
⑨測定
⑩確認

検査スケジュールは
1日目 ①
2日目 ②~⑤
3日目 ⑥~⑧
4、5日目 2日目3日目作業を繰り返す
6日目 ⑨⑩
違反があれば再検査

こんなに大変な検査を市場でされているから
スーパーで購入する生鮮食品は安全安心だと思う
なのに市場でこんな大変な検査をしていると知られていない気がする

説明してくださった方にその辺りをお尋ねすると
『知られていないという事はPR不足』と言ってたけど
完全にPR不足だと思う

野菜ソムリエと市場モニターの立場から意見を言わせてもらったけど
市場で様々な検査し安全安心供給されている事の浸透を希望するばかりです♪
by kata-sanyaku | 2008-07-30 23:29